交通事故治療の流れ

交通事故が発生した際には、まず警察へ連絡。 面倒くさいからと警察に連絡をせず、後に当事者同士でもめ事になるケースも少なくありません。道路交通法上は必ず、届け出が必要ですので、必ず連絡しましょう。

病院での医師の診察と診断書の発行

事故直後は、あまり痛みを感じなくても、後日に痛みが発生することもあります。身体の違和感などがございましたら、まずは病院にて診察頂き、「診断書」を発行して頂きましょう。 「診断書」は後日、人身事故の認定を受ける際に提出が必要とされる物ですので、しっかりコピーなどを取って保管して頂くことをお勧めいたします。

保険会社の担当者への連絡と確認

事故の被害者の場合、病院受信後、相手方の保険会社の担当の方へ「まるとく針灸接骨院で治療を受けたい。」と申し出てください。 その後、当院に直接御来院頂くか、当院に御連絡下さい。 後に、保険会社の担当の方より、当院で治療する旨の連絡が入りましたら、手続きは完了です。 後は、早期のケガの回復に向けて、治療に専念して頂ければ大丈夫です。

 

ご予約は今すぐこちらにてお電話ください! contact
サブコンテンツ

このページの先頭へ