自賠責保険を使った交通事故治療について

自賠責保険とは自動車やバイクを購入した際に、必ず加入が義務付けされている法律で定められた強制保険です。ですので、「私、入ってたのかな?」という心配はございません。加入していなければ自動車、バイクは購入できないからです。

どのような時に必要になるのか?

自賠責保険は「対人賠償の保険」・・つまり、「交通事故にあってケガをしてしまった」あるいは「交通事故でケガをさせてしまった」という時に必要になりま  す。自賠責保険の概念は、「交通事故でケガした人を救済する保険」なんです。つまり、被害者加害者に関わらず、ケガの救済に対して保険は適応になります。
ただし、加害者側の過失が10割の場合は加害者側は使用できません。また、過失割合によっては、上限額が変わってきます。

 

自賠責保険の特徴

 

自賠責保険を使用して、医療機関にて治療を受ける場合、通常の時には支払われ  る自己負担額はかからず、無料で治療を受けられます。ただ、この自賠責保険を使用した治療は、どの医療機関でも可能なわけではありません。もちろん、病院では基本的に適用できます。事故後は、まず病院にて負傷した部  位の診断をして頂くことが必要です。
では、病院に行っているのに、他にどこかで治療を受ける必要はあるの?と思われる方もおられると思います。例えば、とても多いケースが・・病院での診断では「骨に異常なし」診断は「頸椎捻挫(むち打ち症)」であった場合、湿布薬や多くは「少し様子をみましょう。」なんです。

 

ところが、痛みは治まらず、頭痛までしてきて、どうにかしたい・・・そんな時に「接骨院」を受診頂きたいのです。接骨院では、「捻挫」や「挫傷」などの症例を専門的に扱います。特に、当院の特徴といたしましては、接触スポーツ(ラグビー、相撲など)のプロアスリートのトレーナーも兼任しているので、頸椎捻挫などは数多く診させて  頂く機会もありましたので、専門的に扱っております。

 

もちろん、接骨院でも自賠責保険を使用できますので、治療費は無料です。そして、当院では、特に病院での診察と併用して通って頂くことをお勧めしております。

ご予約は今すぐこちらにてお電話ください! contact
サブコンテンツ

このページの先頭へ